価格と質が比例する分かりやすい脱毛器

ソイエのような毛を抜くタイプの脱毛器は、お肌へのダメージが溜まっていくので要注意

10年に渡ってソイエを買い換えてきましたが
私は毛がそこまで多くはないので、10年前に量販店でたまたま見つけたパナソニック製脱毛器「ソイエ」を使っています。

記憶によると松島奈々子さんがCMをやられていたと思います。私もそれにちょっとは影響されたんですけどね。脱毛器としては安く変えるので、使っている女性も多いと思います。

何回かソイエもモデルチェンジしているのでその度に買い換えてきましたが、ここ数年は色々と肌トラブルが起こるようになってしまいました。 インターネットでその辺の事情を調べてみると、私のようにソイエを使って肌荒れや埋没毛に悩んでいる方が意外と多い事を知りました。 もちろんソイエを使って綺麗に脱毛できている人もいらっしゃると思いますが、私のようにトラブルの元になっている人もいるんですね。

今では高額な脱毛器もいくつか発売されているようですが、どれも高機能でユーザーの満足度も高いみたいです。 脱毛器はやはり値段に比例して、機能や効果、そしてユーザーの満足度も高くなる傾向にあるようですね

綺麗にするつもりで処理したのに、結果的にはボツボツに…

幸いムダ毛が濃いわけでもなく、多いわけでもないので、脱毛器を買うまでは、時々安全カミソリで、入浴時に腕や足のお手入れをするときに脇もついでに剃るというお手入れ方法でした。 夏は数日ごとのお手入れが必要で、お手入れの頻度が増えると、肌がひりひりすることも度々になってきたので、家庭用脱毛器(ソイエ)の購入に踏み切りました。

使い始めた当初は、ソイエを使うとピリピリとした痛みがあったので、安全カミソリを使うときと、家庭用脱毛器を使うときと半々くらいで脇のムダ毛処理をしていましたが、 脱毛器で処理した方がカミソリよりも次の処理までキレイな状態が長持ちするので、徐々に家庭用脱毛器を使う頻度が高くなっていきました。

商品が改良され何度か買い換えるうちに、ソイエが良くなったのか私が慣れたのか分りませんが、脇のムダ毛を処理する際の痛みも少なくなっていきました。 現在使用しているソイエは多少の刺激は感じますが、痛いというほどではありません。

電池式のコードレスタイプで、水洗いはできませんが、お手入れ用の専用ブラシもついてくるので、いつでもキレイな状態で使うことができます。 入浴前にさっと脇を処理してから浴室に入り、入浴後に専用ブラシでお手入れをしてから保管しています。

一度処理すると1週間はもつので、うっかりしているとまだ大丈夫と思っていたら恥ずかしい状態になっていることも何度かありました。 入浴時に脇のムダ毛の処理忘れに気づいたときは、応急処置として安全カミソリで剃ることもありますが、浴室に置いてある安全カミソリは気づくと錆びていたりするので、 衛生面で考えるとソイエで処理する方が安心感があります。

ただ、2年前ぐらいからでしょうか。ソイエで脱毛したところに埋没毛や肌荒れが起こるようになってしまいました。 私の予想では、お肌に溜まったダメージが表面化してきたのではないかと思っています。

ソイエは脱毛器ですが、毛を掴んで根元から抜くというものなので、少なからず毛穴やお肌に刺激を与え、ダメージになっていると思います。 近頃ではフラッシュ式やレーザー式の脱毛器が出てきていますが、そうしたタイプではないのでお肌のトラブルも起こりやすいのかもしれません。

低価格になった脇の永久脱毛

年々安くなる永久脱毛は身近な存在になりました

年々安くなる永久脱毛に魅力を感じます
私がソイエで脱毛をし始めた頃は、永久脱毛というと脇のような小さな部位でも10万円弱ぐらいが相場だったと思います。

それが今ではたったの数千円で脱毛ができるぐらい、ここ数年で一気に安くなりましたね。今の時代の女性は恵まれているな〜と感じます。

ただ、中には大した脱毛効果を感じられないってケースもあるみたいです。私も脇ぐらいは永久脱毛したいと最近特に思っているので、ネットでウェブサイトを調べてみると 小さな個人経営のようなサロンの場合は、効果に関しては半々なような感じでした。

多少はお店が混雑していても、やはり技術力や価格の面でも名の知れたサロンにお願いするのが確実ですね。

私が永久脱毛に興味を持つきっかけとなったアラサー女性の体験談 こちら 脇の永久脱毛体験記
Copyright © 脇の永久脱毛に憧れるソイエユーザーの実情 All rights reserved